国民生活金融公庫から融資を引き出す技術では国民生活金融公庫の融資申請方法から事業計画書の書き方までわかりやすく解説しています

国民生活金融公庫から融資を引き出す技術
国民生活金融公庫から融資を引き出す技術 国民生活金融公庫から融資を引き出す4つの技術 国民生活金融公庫から融資を引き出す技術sitemap 国民生活金融公庫から融資を引き出す技術-運営者- 国民生活金融公庫から融資を引き出す技術−お問い合わせフォーム-

 スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるか問い合わせてみよう!
↓↓↓国民生活金融公庫や銀行からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓



 国民生活金融公庫とは


「国民生活金融公庫」とは、

国民金融公庫および環境衛生金融公庫の目的を承継し、
「独立して継続が可能な事業について
当該事業の経営の安定を図るための資金、
生活衛生関係の営業について衛生水準を高めるための資金その他の資金であって、
一般の金融機関からその融通を受けることを困難とする国民大衆が必要とするものを供給し、
もって国民経済の健全な発展及び公衆衛生その他の国民生活の向上に寄与する」
(国民生活金融公庫法第1 条)ことを目的とした政府系の金融機関のことをいいます。

このように定義がされているのですが、ちょっとわかりづらいです。

要するに、定義の中にも出てくるように
一般の金融機関から融資を受けることが難しい業種なのだが、
国民が必要であるような事業であるなら融資をしていきますという機関です。


あいまいな部分が多いのですが、それは裏を返せば国民生活金融公庫という機関が
融資をすることのできる業種がかなり広いことをさします。

さらに、一般の金融機関から融資を受けることが難しい場合
(特に開業時の融資などですね)
にも、融資を行うといっているわけです。

だから、融資を考える場合に最初に検討するべきなのは国民生活金融公庫だといわれているんです。

さらに国民生活金融公庫の「行動指針」として次のようなようなものがあります。

1.常にお客さまを第一に考え、使命感と責任感をもって業務にあたります。

2.親切・丁寧・迅速な応対により、心のかよう接遇に努めます。

3.皆さまとの対話を大切にそのご意見をサービスに反映させるよう努めます。


一度、国民生活金融公庫の窓口に相談に行ってみるとわかりますが
民間のサービス業にも負けないくらい対応がいいです。


それは、国民生活金融公庫が以上のような行動指針を持っているからなんです。


 スポンサードリンク


【注目】  国民生活金融公庫から運転資金を断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。


あなたの会社が

・国民生活金融公庫から運転資金の融資を断られた

・銀行から融資を断られた

・信用保証協会が急に保証に立たないと言い出した

・リスケジュール中である

・決算書が赤字である

・会社が債務超過だ

・税金を滞納している

としても取引先に知られることなく利用できる最後の資金調達手段です。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。





国民生活金融公庫から融資を引き出す技術
無料レポート
国民生活金融公庫から融資を引き出す4つの
技術
資金調達の全体像
資金調達の全体像

国民生活金融公庫
(国金)とは


日本政策金融公庫とは

中小企業金融公庫
(中小公庫)とは


商工組合中央金庫
(商工中金)とは


農林漁業金融公庫とは

助成金とは

助成金の種類

受給資格者創業支援助成金とは
国民生活金融公庫からの融資
国民生活金融公庫からの融資は借りやすいか

国民生活金融公庫の審査の基準とは

国民生活金融公庫から融資を受ける手続き

国民生活金融公庫に
融資を申請するベストタイミングとは


国民生活金融公庫が最も嫌うこととは

国民生活金融公庫にある融資制度(基本)

国民生活金融公庫にある融資制度(その他)

生活衛生関係営業で融資申請する場合の手続き

融資申請と会社設立との関係

設立後の融資申請の場合の自己資金額

無担保無保証の融資制度の利用条件

親族からの借入の評価

連帯保証人のアテをつけておく

国民生活金融公庫に
関するよくある質問

事業計画書の書き方

事業計画書の重要性

「創業の目的・動機」の書き方

「事業経験」の書き方

「セールスポイント」の書き方

「予定される販売先・仕入先」の書き方

「取り扱いの商品・サービス」の書き方

「必要な資金と調達の方法」の書き方

「創業後の見通し」の書き方

企業概要書の書き方

制度融資からの融資
制度融資とは

制度融資の具体例

都道府県の「新事業創出貸付」を利用する際の注意点

全国の商工会議所一覧
信用保証協会の利用
信用保証協会とは

信用保証協会を利用するメリットとは

信用保証協会は誰でも利用できるのか?

全国の信用保証協会一覧
ホーム 無料レポート コンテンツ 運営者 お問い合わせ

Copyright (C)2017 国民生活金融公庫から融資を引き出す技術 All rights reserved