起業時の助成金を解説

国民生活金融公庫から融資を引き出す技術
国民生活金融公庫から融資を引き出す技術 国民生活金融公庫から融資を引き出す4つの技術 国民生活金融公庫から融資を引き出す技術sitemap 国民生活金融公庫から融資を引き出す技術-運営者- 国民生活金融公庫から融資を引き出す技術−お問い合わせフォーム-

 スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるか問い合わせてみよう!
↓↓↓国民生活金融公庫や銀行からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓



 起業時の助成金

起業時に活用できる助成金である
受給資格者創業支援助成金とは、サラリーマンなどをしていて雇用保険を払っていた人が事業を起こす場合に支給される助成金のことをいいます。

ですから、サラリーマンやOLをしていた方がこれから起業しようとする場合に必ず検討しておいた方がいいといえる助成金なのです。
この制度では最高で200万円が助成されるからです。

とはいえ、条件はかなり厳しいです。

以下に条件を載せておきます。

■ 5年以上算定基礎期間のある受給資格者が個人事業または、法人を設立したものであること。
■ 創業する受給資格者が専ら業務に従事すること。
■ 法人の場合は、創業する受給資格者が出資し代表者であること。
■ 法人等の設立日以降3ヶ月以上、事業を営んでいること。
■ 設立の日(1国人事業の場合は開業の日)から1年以内に、雇用保険の一般被保険者を雇入れること。
■ 創業する受給資格者の離職の日から法人等の設立の日の前日までに、法人等の所在地を管轄する公共職業安定所の認定を受けること。

そしてこの受給資格者創業支援助成金の最大の特徴は

起業する前

すなわち

個人事業者であれば開業届けを出すまで

法人設立であれば登記が完了前まで

に必ず申請をする必要があるという点なんです。

逆に言うと

起業してしまった後では助成金申請ができません。

知らなければ丸々損をしてしまう話なのです。

しかも、この助成金は限度が200万円までという制限があるものの
法人設立から3ヶ月以内に支出した経費の3分の1を支給してくれます。

ということは、大きな支出を伴うとわかっているものは
法人設立後(開業後)3ヶ月間で購入するとしておけば
3分の1の金額が戻ってくることになるのです。

また例えば、支給対象の経費に関しても
法人設立に関する事業計画の作成費は支給するが

法人の設立の手続きの際に必要な登録免許税や印次第については支給されないといった細かい点が決まっています。

この受給資格者創業支援助成金公共職業安定所に申請をすることになります。

これまで、5年以上雇用保険をかけている方は一度相談してみるといいでしょう。

このように、助成金というものは

知っているか知らないかで大きく変わってくるものです。

自分に支給されるような助成金がないか一度調べてみるといいと思います。

これから起業される方に該当しそうなものとしては他にも

地域創業助成金

これは地域に貢献する事業(あらかじめ決まってます)
を始める方に支給される助成金です。

高齢者等共同就業機会創出助成金

45歳以上の方が3人以上で起業する場合に支給される
助成金です。

子育て女性起業支援助成金

12歳以下の子供を育てている女性が起業する場合に支給される
助成金です。

などのものがあります。


 スポンサードリンク


【注目】  国民生活金融公庫から運転資金を断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。


あなたの会社が

・国民生活金融公庫から運転資金の融資を断られた

・銀行から融資を断られた

・信用保証協会が急に保証に立たないと言い出した

・リスケジュール中である

・決算書が赤字である

・会社が債務超過だ

・税金を滞納している

としても取引先に知られることなく利用できる最後の資金調達手段です。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。





国民生活金融公庫から融資を引き出す技術
無料レポート
国民生活金融公庫から融資を引き出す4つの
技術
資金調達の全体像
資金調達の全体像

国民生活金融公庫
(国金)とは


日本政策金融公庫とは

中小企業金融公庫
(中小公庫)とは


商工組合中央金庫
(商工中金)とは


農林漁業金融公庫とは

助成金とは

助成金の種類

受給資格者創業支援助成金とは
国民生活金融公庫からの融資
国民生活金融公庫からの融資は借りやすいか

国民生活金融公庫の審査の基準とは

国民生活金融公庫から融資を受ける手続き

国民生活金融公庫に
融資を申請するベストタイミングとは


国民生活金融公庫が最も嫌うこととは

国民生活金融公庫にある融資制度(基本)

国民生活金融公庫にある融資制度(その他)

生活衛生関係営業で融資申請する場合の手続き

融資申請と会社設立との関係

設立後の融資申請の場合の自己資金額

無担保無保証の融資制度の利用条件

親族からの借入の評価

連帯保証人のアテをつけておく

国民生活金融公庫に
関するよくある質問

事業計画書の書き方

事業計画書の重要性

「創業の目的・動機」の書き方

「事業経験」の書き方

「セールスポイント」の書き方

「予定される販売先・仕入先」の書き方

「取り扱いの商品・サービス」の書き方

「必要な資金と調達の方法」の書き方

「創業後の見通し」の書き方

企業概要書の書き方

制度融資からの融資
制度融資とは

制度融資の具体例

都道府県の「新事業創出貸付」を利用する際の注意点

全国の商工会議所一覧
信用保証協会の利用
信用保証協会とは

信用保証協会を利用するメリットとは

信用保証協会は誰でも利用できるのか?

全国の信用保証協会一覧
ホーム 無料レポート コンテンツ 運営者 お問い合わせ

Copyright (C)2017 国民生活金融公庫から融資を引き出す技術 All rights reserved